初めての単身赴任準備ガイド【東京編】

|  単身赴任の準備情報まとめ

初めての単身赴任準備ガイド【東京編】

単身赴任で必要な準備や心構えとは

皆さん、こんにちは。東京で1年ほど単身赴任している、しがない会社員です。
突然辞令が出て驚いたことでしょう。
慌てて準備すると赴任直後に「こうしておけばよかった」がいくつも出てきます。そうならないよう準備しておくべきことや心構えを紹介しています。

単身赴任で必要な準備や心構えとは

単身赴任に必要な
日々の暮らしの準備

単身赴任は今一緒に住んでいる家族と離れて暮らすことになります。そのため、今使用している家の家具や家電を新たな住まいに持っていくことは、まずできません。特に生活に必要な家電は引っ越し前までに用意しておかなければ、赴任先での生活に支障が出る可能性があります。

家電を新たに購入するとなると、大きな費用負担となります。ざっと買い揃えるとおそらく数十万円単位の出費を覚悟しなければいけません。だからといって家電を用意しないとなると、衣類のクリーニングや外食、ハウスクリーニングなどを利用しなければならず、こちらも大きな出費となります。

購入と委託サービスの中間であるレンタル家電

そこで、単身赴任の場合は家電をレンタルする方が多くいます。家電レンタルであれば、購入せずに自宅の暮らしに必要な家電を用意できることから、単身赴任の人から多くの支持を集めています。費用面だけでなく、手軽さという点でも支持を集めており、新たな住まいへの搬入や退去時の搬出を家電レンタルサービスが請け負ってくれます。

手続きはお早めに!
単身赴任の準備チェックリスト

初めての単身赴任の場合、色々としなければならないことが多すぎて、どこから手を付けて良いか分からなくなる人もいるかもしれません。そこで、「最低限、これだけはやっておきたい!」という手続きや準備についてまとめています。また、赴任先へ行く前にぜひ利用したいサービスについても紹介していますので、単身赴任の辞令を受けて慌てている方は、ぜひ参考にしてみてください。

要確認!
単身赴任にかかる費用

単身赴任は結構お金がかかるもの。
どんな部分で出費が必要なのか、大まかな物をピックアップして
解説しています。

  • 物件契約にかかる初期費用

    賃貸物件を契約する際、敷金や礼金、仲介手数料など、家賃以外の出費がかなり大きくのしかかります。だいたいの相場でその物件の家賃4ヶ月分くらいは用意しておきましょう。また、それ以外にも引っ越し費用も準備が必要です。

  • 引っ越し代の相場とは

    赴任先での生活拠点が決まったら、今度は引っ越しの準備です。現在は引っ越し業者各社、一人分の引っ越しに特化したプランを持っているので、いくつかの業者から見積もりを取りましょう。業者の選び方についても解説しています。

  • 東京の1人暮らしの生活費

    一般的な男性会社員が、東京で1人暮らしをする際、どのくらいの費用が必要なのか、私自身を例に挙げてまとめています。絶対に払わなければいけない費用も、大まかなものをピックアップして紹介しています。

  • 家具・家電代も大きな出費に

    期間が予め決められているのに、新たに家電を購入するのは少し躊躇われます。それでも「自分の物が欲しい」と言う方向けに、1人暮らしでも充分活用できる家具・家電の選び方を伝授。併せてぜひ利用したいサービスも紹介しています。

スムーズな単身赴任生活のための
諸手続き

単身赴任の辞令を受けたら、絶対に必要な手続きや、確認しておくべきことがいくつかあります。公的な届出や会社からの補助金の申請などです。赴任先で「忘れてた!」ということがないように、必ずチェックしておきましょう。

  • 住民票などの移動

    Resident card

    単身赴任前に絶対にしておきたいこととして、住民票の移動があります。手続きをしないことのデメリットをまとめました。

  • 社内規定の確認

    Internal regulation

    単身赴任をするにあたって、家賃の補助や自宅への帰省費といった諸手当が出るのかどうか、会社に確認しておきましょう。

  • 単身赴任準備リスト

    List of preparations

    赴任先には何を持って行くのか、また、どんな手続きが必要なのかがわかる準備リストを作りました。ぜひ活用してください。

初めての単身赴任お役立ち情報コラム

単身赴任の辞令を受けたら、絶対に必要な手続きや、確認しておくべきことがいくつかあります。公的な届出や会社からの補助金の申請などです。赴任先で「忘れてた!」ということがないように、必ずチェックしておきましょう。

経験者が語る「単身生活の楽しみ方」

任期中は1人だけで生活する単身赴任。何かしらの楽しみが無いと、いつか気が滅入ってしまいかねません。そこで、先輩方が実践している、日々の楽しみ方をまとめました。また、単身赴任の心得も紹介しています。

経験者が語る「単身生活の楽しみ方」

東京の人気エリアTOP3

単身赴任で来ている人たちに人気の都内3ヶ所を紹介。都内の一定期間とはいえ、自身の拠点とするべき場所を選ぶ際に重視したいポイントもまとめました。さらに、「家族が遊びに来たら」という視点での生活拠点の選び方も紹介しています。

東京の人気エリアTOP3

東京近郊のおすすめエリア

家賃や職場へのアクセスを考えると、都内での生活は少し不便、という場合に考えたい、生活拠点の選び方や、埼玉と千葉でのおすすめエリアをまとめました。それぞれの家賃相場も紹介しています。

東京近郊のおすすめエリア

妻に聞く「夫が見落としがちな必需品リスト」

自分自身は完璧と思える準備でも、妻から見れば穴だらけ。そんな私が妻に聞いた「おそらく夫は意識していないだろう品目」について紹介しています。

妻に聞く「夫が見落としがちな必需品リスト」

自分流「離れて暮らす家族との付き合い方」

私自身が家族と離れてホームシックになりかけたことがありました。そんな時に、実践した家族とのコミュニケーション方法を紹介。また、ホームシックを少しでも和らげる方法もお教えします。

自分流「離れて暮らす家族との付き合い方」

家族帯同転勤者に効く「持ち家活用法」

持ち家率の高い地方から赴任している人の中には、家族と共に東京で暮らしている方も。その際の自宅の活用方法について、詳しく教えてもらいました。

家族帯同転勤者に効く「持ち家活用法」

単身赴任では寮とマンションどちらが快適?

社員寮がある場合、その寮で生活するのと、自分で探した賃貸物件で暮らすのと、どちらが快適なのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを紹介しています。

単身赴任では寮とマンションどちらが快適?

家具付き物件との違いは?

初期費用を抑えられることで単身者からの需要が高い、家具付き賃貸物件。近年需要が伸びつつある、家具・家電のレンタルサービスとの違いを紹介しています。

家具付き物件との違いは?

快適な単身赴任生活を送るには

自分一人で悠々と羽を伸ばせる単身赴任。快適な単身赴任ライフを楽しむためにしておきたい「準備」や気になる「健康」「生活環境」についてまとめました。

快適な単身赴任生活を送るには

単身赴任の強い味方!
家電レンタルサービス一覧

全国いくつもの家電レンタルサービスの中から、私が特に気になったサービスをピックアップして紹介しています。それぞれの特徴や価格例もまとめました。

  • 大手家電小売りチェーンであるヤマダ電機と提携している家電レンタルサービス。新品なのに低価格というのが特徴的です。クレジットカードを使った分割決済にも対応しているので初期費用を抑えることが可能です。

  • 宅急便や引っ越しなどでおなじみのクロネコヤマトのグループ会社が運営している家電レンタルサービスです。搬入期間の短さや、延長、途中解約に関する点が柔軟になっています。サービス充実ゆえに、やや割高ですが信頼性は抜群です。

  • 住宅建設でおなじみのダイワハウスのグループ会社が運営している家電レンタルサービスです。元々は法人向けイベント関連の什器レンタルを中心に展開していることもあり、法人向けのサービスが充実しています。

  • リサイクルショップが母体となっている家電レンタルサービスです。便利屋事業をやっていることもあり、なにかと柔軟性があるサービスですが対応地域がやや狭い点は否めません。

  • 東京都心に事業所を構える会社が運営しており、官公庁との取引実績もあります。手軽にレンタルは、どちらかと言えば法人向けを得意としていますが、個人向けサービスも、しっかりと充実しています。

  • レンタル業を30年間専業でやってきた実績を持つ家電レンタルサービスです。商品数が豊富にあり、滅多なことがない限り、在庫切れというのはありません。家電だけでなく、家具のレンタルも手掛けています。

  • 1日からのレンタルも請け負う家電レンタルサービスです。レンタル料の他に配送費などの諸経費負担が目立ちますが、組み立て設置作業もしっかりと手掛けてくれる、レンタルサービスとなっています。

  • 新品国内ブランドにこだわった商品ラインナップが特徴的な家電レンタルサービスです。家電はヤマダ電機、家具はディノス・セールスが協力会社として借りたいくんのサポートをしています。

  • とにかく価格を抑えて借りたいという人から支持を集めている家電レンタルサービスです。基本的には中古品をレンタル品として提供していますが、評判や対応の良さを求めない人に選ばれる傾向があります。

  • 福岡に本拠地を置く家電レンタルサービスです。学生限定プランがあり、単身赴任の人よりも、学生からの支持を集めている傾向があります。東京にも営業拠点があるため、東京も配送対応エリアになっています。

  • レンタル費用以外の諸経費を極力無料にしている家電レンタルサービスです。そのため、契約期間が長くなっており、商品がやや割高に設定されています。一括支払いが基本となっているため、初期費用負担が大きいです。

  • 3DTVを取り扱う家電レンタルサービスです。他には特段他社と比べて特徴的な点はありませんが、3DTVといった他社では、なかなかレンタルでお目にかかれない商品を求める人にはぴったりです。