|  単身赴任の準備情報まとめ

初めての単身赴任準備ガイド【東京編】
単身赴任で必要な準備や心構えとは
HOME » 要確認!単身赴任にかかる費用 » 家具・家電代も大きな出費に

家具・家電代も大きな出費に

家具や家電が大きな負担

引っ越しの手間は意外と大きなものです。ですので単身赴任の場合、いかに荷物を少なくまとめるか、ということが問われるわけですが、同時に頭をよぎるのは、「どうせ必要になるから赴任先で買えばいいや」という考えです。

確かにそういった考え方も必要かもしれませんが、その費用を計算すると積もり積もってかなり大きな額になってしまいます。しかも多くの場合、どうせなら良いものを、どうせなら以前から欲しかったものを、などどいう欲がはたらくものですから、かなり出費がかさんでしまうものです。

出費を抑えるためには

では無駄な家電・家具を買わないために、一人暮らしに必要不可欠な家具や家電を挙げていきます。

まずは冷蔵庫。ファミリー向けの大きいものであれば20万円~といったところですが、単身者であれば2ドアの100リットル前後のもので十分事足ります。よほど製氷機にこだわりがある、といったことでもない限り、一般的なものであれば5万円ほどで購入できます。

次に洗濯機。これもドラム式の最新型、などと言い出したら10万円を超えますが、こちらも簡易的な物ならば5万円を上回りません。ただし、忙しいと夜に洗濯することもあり得ますので、静音設計のものを選ぶと良いでしょう。

電子レンジ。調理目的でなく、単に温める機能だけを求めるのであれば、1万円程度で購入できます。オーブンやトースターなど、単一機能のものであれば数千円から購入できる物もあります。

テレビ。これもピンキリですが、最近は薄型のものもずいぶんと安くなりました。ニュースを見る程度と考えると、個人的にはそれほど大画面は必要ないように思えます。すると、20インチ程度で10万円未満の製品で充分でしょう。最近はHD内臓で録画機能も付いていたりしますから、ブルーレイでないとダメといったことでもない限り、これで問題ないはずです。

掃除機。流行のスタンドタイプでも、2万円も出せば十分すぎるほど。ただし、細かく動かすことを考えると、コードレスタイプの物を選んでおくと無難です。

炊飯器。上を見ればキリがないものですが、簡易的なものであれば数千円です。自分の分だけを炊くのであれば、一合炊きの小さいものでも良いですし、料理に興味のある人ならば、炊飯器を使わずに鍋でご飯を炊くことも考えていいでしょう。

家具ではベッドや布団などの寝具。これもピンキリですが、特にひどい腰痛などを持っているわけではありませんので、3万円くらい出せば最低限必要な機能を備えたものが買えるでしょう。ベッドでなければダメ!という人でなければ、限られたスペースで生活するわけですから、布団で寝ることを考えても良いでしょう。畳んでしまえばその分のスペースを有効に使えますよ。

なくても困らない物ではありますが、ソファがあれば1人住まいの部屋にも余裕が生まれます。これもピンキリではありますが、5万円程度の予算でも良いものが買えるはずです。ソファを置くのであれば、ベッドとしても使える物を選んだ方が無難でしょう。そうすれば、わざわざ布団やベッドを新たに購入しなくても済みます。

テーブル、椅子なども生活のスタイルに応じて選択するものかと思います。食事だけでなく、書き物やパソコンなど簡単な仕事をする際にも使える物を選べば、スペースの有効活用にもつながります。3万円を上限としても、選べるアイテム数は多いはずです。

洋服タンスに関しては見栄えを気にせずに、この際プラスチックの収納ボックスでも良いかと思います。最近は造り付けのクローゼットを備えている賃貸物件も多いので、洋服の収納に困ることはおそらく無いでしょう。洗面スペースや室内の壁際につっかえ棒を渡して簡易的に洋服をかけておくスペースを作ってもいいかもしれません。

以上に挙げたものが、ある程度の年齢の大人にとって、他人に部屋を見られても見苦しくない、1人暮らしをする上で最低限必要だと思う家具・家電です。

単身赴任先で最低限必要な家電の
レンタルサービスを費用で比較!

余計な出費を省くこと

これは妻からも、会社からも告げられたことなのですが、やはり無駄遣いはするなという指示が方々から飛んできます。

しかし、もし上記のもの全てを新しく購入するとすれば、少なく見積もっても30万円はかかってしまいます。もちろん単身赴任を始めるにあたって、全てを新調するとは限りません。

リサイクルショップを上手に活用するなり、家から運ぶなり様々かと思いますが、私の場合は家電レンタルサービスを利用することで、これらの費用を抑えることができました。

仮に赴任先の賃貸住宅で家電をすべて新調した場合、その赴任先での人気が終了して退去する際、それらの家電を廃棄・もしくは買い取ってもらう必要があります。

スムーズに買い取って貰えればそれに越したことはありませんが、年単位で使ったうえに型落ちした中古品を高値で買い取って貰える、というのは虫の良い話。

廃棄するにしても、粗大ゴミとして出す場合は処理費用を支払わなければいけませんし、廃品回収業者に頼むにしても、物によってはこちらも回収費用が必要になる場合があります。

一方、レンタルで済ましてしまえば、退去が決まった段階で早めにレンタル業者へ連絡しておけば、指定した期日にスタッフが来て、商品を引き取ってくれます。

引き取り時に費用が発生することもありますが、中にはレンタル費用の中に配送・回収費用が含まれている業者もいるので、そういった業者を探して、商品をレンタルすれば、必要以上の出費を抑えられます。

また、使った商品を捨てるわけではないため、エコにもつながるのです。

故障・不具合があった時の対処もお任せできる

さらに、レンタルサービスがおすすめの理由に、商品の故障や不具合があった時に、業者へ連絡すれば迅速に対応してくれる点です。

自費で購入した家電が故障した場合、保証の期間内であれば、無償で対応してくれますが、物によっては保証を受けられないケースもあると思います。

そういったケースであっても、レンタル業者へ連絡をすれば、修理や交換の手配をしてくれるうえ、無償で対応してくれるのです。

修理業者を探したり、持ち込んだりする手間が省けるので、その点も嬉しいですね。

単身赴任の強い味方!家電レンタルサービス 見積金額 徹底比較 一覧を見る