|  単身赴任の準備情報まとめ

初めての単身赴任準備ガイド【東京編】
単身赴任で必要な準備や心構えとは
HOME » 初めての単身赴任お役立ち情報コラム » 家具付き物件との違いは?

家具付き物件との違いは?

引っ越し費用を抑えられることで需要の高い家具付き物件と家電レンタルとの違いをまとめました。

何が違う?家具付き物件と家電レンタルのメリット比較

家具付きの賃貸物件と、家電のレンタルサービス、どちらも単身で生活をする人にとっては、初期費用を抑えられるとして、人気を呼んでいます。

では、具体的に何が違うのか、それぞれのメリットデメリットをまとめました。

家電レンタルのメリット

まず、最も大きなメリットとして、引っ越し時の荷物が少なく、引っ越し代も少なく済みます。ですが、これは家具付き物件にも言えること。

家具付き物件には無いメリットというと、故障や不具合時の負担がないことでしょうか。また、使わなくなったら返却すればよいので、リサイクル費用も必要ありません。

また、ある程度はグレードや大きさ、色を選べる場合もあります。

新品家電のレンタルサービス利用料金ランキング

家具付き物件のメリット

費用以外の点でメリットといえば、家具や家電を選ぶ手間がないことでしょうか。ある程度の家具はすでに揃えられているので、手ぶらでも引っ越せる上に、引っ越し当日からそれらの設備をフル活用できます。

家具付き物件と家電レンタルのデメリットは?

では反対にデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

家電レンタルのデメリット

業者にもよりますが、レンタル可能なアイテムが中古、ということが考えられます。ですが、最近では新品に限ってレンタルを行う業者も増えてきています。

また、短期間のレンタルでは割高になったり、あまりにも長期間レンタルすると、購入した方が総額では安くなることもあります。

家具付き物件のデメリット

まず、大きなデメリットとしては、機能や色を自分好みに選べないこと。物件のオーナーさんや管理会社が家電を選んでいるので、場合によっては型落ちアイテムばかり、というケースが考えられます。

また、家電が故障した場合、契約内容によっては、自分が修理費用を出さなければいけないケースもあるようです。

さらに、多くの場合は、他の誰かが一度は使ったアイテムを、クリーニングしてそのまま使うことになるので、気にする人には新品を取り扱っている家電レンタルサービスの利用をおすすめします。

関連ページも併せて読む
単身赴任の強い味方!家電レンタルサービス 見積金額 徹底比較 一覧を見る