|  単身赴任の準備情報まとめ

初めての単身赴任準備ガイド【東京編】
単身赴任で必要な準備や心構えとは
HOME » 初めての単身赴任お役立ち情報コラム » 単身赴任では寮とマンションどっちが快適?

単身赴任では寮とマンションどっちが快適?

社員寮と単身赴任向けマンションではどちらが暮らしやすいのか?それぞれの特徴を紹介しています。どちらに住むかお悩みの方は、是非参考にしてください。

単身者向けマンション

単身赴任者を中心に入居者を集めているマンションは、その多くがワンルームや1Kといった間取りのもの。広さも大人一人が寝て、着替えて、食事できるスペースがあれば充分といえます。

周囲に単身赴任の人が多ければ、ふとした時にそれぞれの状況を報告し合う、なんてこともできるかもしれません。

一般的な賃貸マンションであれば、自分一人が自由にできるスペースであり、同じ会社の人と会う可能性も低いので、快適度は社員寮よりも高くなるのではないでしょうか。

マンションによっては、クリーニング、ランドリー、宅配便の受け取りなどのサービスを受けられるところも。慣れない土地で、仕事をしながらこのような雑用をこなすのはなかなか大変です。マンション内の設備を活用すれば手間を減らせるでしょう。

ただ、物件によっては壁が薄くて隣の部屋の音が聞こえたり、トイレやバスルーム、キッチンなどが自分の理想に満たない広さという場合もありますので、間取り図だけでなく、実際の物件を見てから契約することが大切です。

鞄ひとつで新生活をはじめることができます。家具を揃える必要がないため、引越の費用を抑えることができます。赴任中の仮住まいになりますので、家具を一式揃えるより安く済むことになるのは大きなメリットです。

会社が用意する社員寮

単身赴任者用の社員寮のいいところは、なんといっても費用が安く済むところでしょう。敷金礼金は不要ですし、入居のための諸手続きも会社が行ってくれます。指定された部屋に入居すればいいので、賃貸のように自分であれこれ悩みながら探す必要もありませんよね。

デメリットといえば、仕事から帰宅しても会社の人と一緒ということでしょうか。社員同士で仲が良いから気にならない、というのであれば良いのですが、公私の区別がつけにくくなってしまいます。

また、寮生活となると、お風呂やトイレなどが共同になる場合が多いです。ただ、こちらには、掃除をしなくても済むメリットもあります。

社員寮の生活で気をつけたいのは、普段から規則やマナーを守って生活すること。そうすることで、管理人さんとの間に信頼を築けると、騒音などのトラブルを相談しやすくなります。寮で快適に生活するためには、周囲との協力や気配りが不可欠です。

「生活費用を節約できるなら、ある程度の共同スペースがあっても気にならない」という方には社員寮をオススメします。社員同士の共同生活の中でも、うまくオンとオフを切り替えてリラックスできる時間を作りましょう。

どちらでも活用できる家電レンタルサービス

会社の寮であろうと賃貸マンションであろうと、どちらにしてもある程度の家電は必要。備え付けの物があればそれを使えば良いですが、そうでない場合は自分の好きにアイテムを選べます。

購入すると任期が終わった時に処分に苦労する可能性もあるので、月々の決まった費用だけで利用できる、家電のレンタルサービスがおすすめです。

単身赴任におすすめの家電レンタルサービスを費用で比較!

関連ページも併せて読む
単身赴任の強い味方!家電レンタルサービス 見積金額 徹底比較 一覧を見る