|  単身赴任の準備情報まとめ

初めての単身赴任準備ガイド【東京編】
単身赴任で必要な準備や心構えとは
HOME » 初めての単身赴任お役立ち情報コラム » 快適な単身赴任生活を送るには

快適な単身赴任生活を送るには

家族と離れて暮らす単身赴任生活を快適に送るためのコツをまとめました。

どうすれば快適な単身赴任ができる?

一定期間とはいえ、家族と離れて一人で暮らすことになる単身赴任。できる限り快適に過ごしたい、と思うのは決して贅沢ではありません。

快適な単身赴任ライフを楽しむためにしておきたい「準備」や気になる「健康」「生活環境」についてまとめました。

準備編

単身赴任の辞令を受け取ったら、すぐに引継ぎの準備をしましょう。たとえあなたが単独で進めている仕事が無かったとしても、後任となる人にもわかりやすい資料を作っておくと良いでしょう。

また、重要な取引先への挨拶回りにも同行し、取引先担当者と後任者の顔つなぎをしておきましょう。

それに加えて通常の業務や引っ越しの準備も進めなくてはいけません。

赴任先での生活必需品は1週間分程度持って行き、あとは現地調達しても良いかもしれません。

単身赴任での一番の悩みどころは、家電を購入するか否かです。近年はリサイクルショップも増え、比較的安価でそれなりの性能を持つ家電製品が手に入りやすくなりました。

その一方で、家電リサイクル法が制定され、いらなくなった製品の廃棄も手間がかかるようになってしまいました。

そこで、おすすめなのが家電のレンタルサービスです。月々決まった額を払っていけば、自分だけの生活のために必要なアイテムが揃います。

さらに、単身赴任期間が終了するころには、そのタイミングで業者に返却すれば良いので、処分費用はかかったとしても返送料くらい。それも、多くの業者ではレンタル費用の中に含まれています。

一定期間しか使わない家電製品購入をためらっているのであれば、レンタルサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

買うより安い?家電レンタルサービスを料金で比較?

健康編

一人で暮らしていると、就寝・起床のタイミングが乱れがちになります。また、特に自炊意欲の少ない人であれば、食卓に並ぶメニューが毎日同じスーパーのお惣菜、ということも……。

厳密な栄養管理は難しいですが、それでも大まかな栄養バランスは考えたいところ。毎日外食、では健康面でも経済面でも心配されてしまいます。

食事だけでなく、運動面も工夫したいところ。ジムに通ったり、一駅分歩いたりして健康維持に努めましょう。せっかく単身赴任の期間が終わって自宅へ帰った際、太ってしまっていては、家族に合わせる顔がありませんよね。

生活環境編

赴任先での生活拠点は暮らしやすさと通いやすさを重視するべきです。

スーパーやコンビニはもちろん、万が一の時の病院やちょっとした余暇を楽しむための図書館など、自分の生活を豊かにしてくれるであろうポイントがいくつあるか、物件を見る際はそのあたりも考慮しましょう。

また、職場への通いやすさも大きなポイント。

住環境がよくても、通勤に2時間もかかってしまう所では、単身赴任における良い生活拠点とは言えません。交通の便もしっかりと考えましょう。

さらに、休日に帰省、もしくは家族を呼び寄せることを考えると、家族が暮らす場所との交通アクセスも考えないといけません。

自宅までのアクセスが悪いばかりに、赴任期間中、まったく帰省しないのでは、あらぬ疑いをかけられてしまうかもしれませんよ。

関連ページも併せて読む
単身赴任の強い味方!家電レンタルサービス 見積金額 徹底比較 一覧を見る