|  単身赴任の準備情報まとめ

初めての単身赴任準備ガイド【東京編】
単身赴任で必要な準備や心構えとは
HOME » 初めての単身赴任お役立ち情報コラム » 東京近郊のおすすめエリア

東京近郊のおすすめエリア

東京に職場のある単身赴任者にとって、リーズナブルで利便性のよい埼玉・千葉のエリアを紹介しています。

東京に通勤しやすい埼玉県

帰省先が栃木・東北など、北側にある方におすすめのエリアです。

お勤め先が埼玉県内にある方はもちろん、池袋・上野など山手線の上半分にある方には大変おすすめ。都内に通勤する場合なら、便利なのは県南部にある

  • 浦和
  • 川口

の2エリアです。

浦和は政令指定都市「さいたま市」の中心部に位置しています。

浦和・北浦和・南浦和などたくさんの駅がありますが、利便性がよいのは埼京線と武蔵野線が交差する武蔵浦和駅と、京浜東北線と武蔵野線が通る南浦和駅です。

このあたりは、東京都内に比べて物価も安く、昔ながらの商店街なども多いので、暮らしやすいのが特徴。居酒屋なども充実しているので、行きつけの店をつくれば楽しく暮らせそうです。

家賃相場は武蔵浦和駅が1Kで約5万5千円、川口駅だと6万円程度。同じような場所でも、住所が「東京都」から「埼玉県」になっただけで家賃はぐっと下がります。浮いた分のお金で帰省を増やせたら嬉しいですね。

単身赴任者も住んでいる千葉県のおすすめエリア

実際に東京に赴任してみてから、同僚が住んでいる千葉に遊びに行ってみました。

同僚は家族で暮らしているのですが、「周りには単身赴任の人も結構いるよ。」とのこと。私のような家具・食事つきの物件に住んでいる人もいるようです。

彼のおすすめは

  • 西船橋
  • 市川

同僚が住んでいるのは西船橋で、閑静な住宅街といったところ。家賃相場も1K~1DK6万7千円程度で、都内に比べるとぐっと安いですね。東西線と総武線の2線が使えるのも便利です。

また、同僚に言わせると隣の市川市もおすすめだそうです。マンションを購入する際に、西船橋とどちらにするか最後まで迷ったのだとか。

市川駅も大きい駅なので住みやすいですが、少しはずして東西線の行徳駅とか南行徳に行くと、家賃がさらに下がって5万5千円程度になります。

埼玉・千葉というと、ファミリー向けのイメージがあるので、少し意外に思われるかもしれませんが、独身者や単身赴任向けの物件もちゃんとあるんです。

私自身は自宅が大阪で勤務先が新宿なので、帰省や通勤の利便性を考えて都内に住むことにしたのですが、人によっては家賃を安くあげて、かつ静かな環境で便利に過ごせるかもしれません。

関連ページも併せて読む
単身赴任の強い味方!家電レンタルサービス 見積金額 徹底比較 一覧を見る